So-net無料ブログ作成
検索選択

開いてます?閉まってます? [BMW (モディファイ)]

現代のクルマではアッタリマエ?でも今の愛車で嬉しい機能は。

キーレス エントリ~!(・∀・) ダッテ、イママデノッテタ クルマ、ソンナノ ツイテナカッタンダヨ…
キーをがちゃがちゃ回さなくても「キゅぼっ!」という小気味良い音と共にドア ロック&解除。両手がふさがっている時は特に便利です。
だけど、前期型のE46は、キーとクルマの信号のやり取りが「赤外線方式」なんですよね。(-_-;)

後期型からは「電波式。」これだと、キーをポケットに入れたままボタンを押しても作動するらしい。いいなぁ。
赤外線方式だと、ルーム ミラーの下の赤い受光装置を狙ってボタンを押さないと(ピラーにさえぎられていてはダメ!)作動しません。なんだか、赤外線というだけで、ものすご~く鈍重な感じです。
あえて赤外線の信号を擬音で表現すれば、「ゆんゆんゆん…」ってとこですか。
おまけに、作動距離も短いし。愛車に近づいてから操作する必要があるので、キーを差し込んでひねるのと所要時間は差がないかも。

それに加えて、ドア ロック ピンがデフォルトではブラックです。
内装がブラック基調なので、見事に溶け込んでいます。つまり、良~く見ないと「ロックが開いてるのか閉まってるのか」分からない状態。せっかくの機能も半減です。( ´ロ`)

E46用の「アンサー バック ユニット」が、市販されています。
ロック&解除に連動して、ハザード ランプが規定回数点滅して、状態を知らせてくれるようになるわけです。(だからイマドキそんなのアタリマエだって)
このユニット、ちっぽけなくせにえらく高い。そのうえ取り付け工賃だってかかる。ちょっと二の足を踏んでおりました。

調べていくと、前期型でも、コンピュータをいじって「ロックしたときだけハザードが一回点滅」するようにできるらしいことが分かりました。
例によって、「年式によってはできませーん」かも知れませんが、Dに相談です。
詳しく話を聞いてみると、元から組み込まれているセキュリティ回路の一部を、起動できるように設定を変えるだけだといいます。またしても、日本仕様では殺してあるわけですね。
作業そのものは10分もかからずに終わりました。しかも作業代はけっこうです、とのこと。たまにはDもやるじゃん。見直したよ。

残念ながら、これでは不満が半分しか解決していません。せめてドア ロック ピンが目立っていれば「ロック解除」の目視が楽になるのですが。
…で。調べましたよ。さすがインターネット。先例にHitしました。ブラックのピンを、クロームのものに交換するだけの話です。
またしてもSへお願いしました。確かに、店内のショーケースに、拳銃の弾丸みたいにドア ロック ピンが無造作に転がしてあります。ちなみにこのクロームのピンは純正品らしいんですが。今度海外へ行くことがあったら、現地の仕様はどうなっているか、確認したいところです。

 

いや~。お店を二軒ハシゴして、ようやく問題が解消しますた!
愛車が使いやすくなっていくのはいいですねぃ。
(2005/10/30撮影)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

mikao

馬子さま★ふっふっふ。mikao号は「赤外線」ですよ。・゚・(ノд`)・゚・。
      後期型でも2003年ぐらいから「電波式」になったみたい。・゚・(ノд`)・゚・。
      3メートルぐらいに近づかないと開きません。・゚・(ノд`)・゚・。アーン

      でもロック時のアンサーバックは前のオーナーさんがそのように設定
      してくれてたみたいで助かりました。。とりあえずは閉まった時だけ
      わかればOKかなっと♪

      ドアロックピンは一年程前から付けたいと思っているアイテムなので
      すがクロームメッキが??と思って未だ悩んでいます(´・ω・`)
      マットクロームのないですかねぃ。。>純正でなくてもいいんで。
       
by mikao (2006-05-28 04:24) 

馬子

ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!そうでした。mikaoさんのキーは自分と同じじゃないですか。
すっかり忘れてましたよ。自分の知識の修正が必要ですね。

>マットクロームのロックピン
牙を装着してもらったときのチタンシルバーの余りで、塗ってしまうというのは?
オリジナルになると思うんですが。(下地処理塗料は〇急ハンズで相談?)
by 馬子 (2006-05-28 18:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。