So-net無料ブログ作成
検索選択

五十文の謎 [いろいろ]

神のいたずらなのか、見てはいけないものを見てしまうことがあります。
いつ、どこで?そういうものと遭遇するか、誰にも予想できません。

この週末、なにげなく冷蔵庫をあさっていたら、とある缶詰に目が止まりました。
「タケノコの水煮」だそうですが、どうして斜めになっているのかな。

DSCN6860x.jpg

外へ出してみて驚きました。缶の底が異常に盛り上がっています!
缶の底に書かれている「五十文」ってなんだよぅ。

DSCN6863x.jpg

古い缶詰は、内容物が腐敗してガスがたまり、破裂するかもしれない。
これはまさにその寸前だと想像しました。なんとかしなくては。

ビニール袋に缶詰と「使用済スプレー缶に穴を開ける道具」を入れて、袋の外側から缶に穴を開けました。
手ごたえあり!!けれども、穴から内容物が噴出してくる気配はありません。

缶の内圧が高まっていないことが判ったので、缶の蓋を安心して開けられます。
…ところが缶切りが見当たらない!今はプルトップですからね。ますますこの缶詰の製造年代が不明です。そういえば、この缶詰には生産者の名前や製造年月が書かれていません。ますます謎です。
余談ですが、缶切りは完全に右利き用の道具ですね。左利きの私が使うのは少々骨が折れました。

DSCN6865x.jpg

缶の蓋をそっとめくって、中をちらりと見たところ、中身は寒天なのかと思いました。
それは見間違いで、缶の中には氷の塊が。タケノコは入っていないのか?
氷の塊が大きくなったせいで缶の底が膨らんだのですね。おそるべし。

DSCN6867x.jpg

缶を逆さまにして氷の塊を取り出したら、しなしなの食品?が出てきました。
かつては、缶の中に詰まっていたみずみずしいタケノコとは想像できません。
ところで、期待していた?腐臭はしませんでした。

DSCN6870x.jpg

ミッション完了したあとで家人に報告したところ、この缶詰は知り合いからのいただきものだそうです。
いただいてから長期間放置してしまい、下さった方には悪いことをしましたね。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。